赤ちゃんと遊びながらおなかを動かして便秘も改善☆

赤ちゃんのおなか、動かしてあげましょう。

ねんねの頃の赤ちゃんは、腹筋をあまり使っていません。

6ヶ月くらいになり、足を上げて自分の足をつかんだり、寝返りをしたりするまではとくにです。

一人であんよができる一歳位になるとどんどん動いて、腹筋も使うので便秘がちだった子が便秘解消!という

ことはよくあります。(もちろん、それだけでは出ない頑固な便秘の子もたくさんいます。)


しかし、あんよ前のあかちゃんはそんなに動けません。ママと遊びがてらおなかの体操を取り入れて見ましょう!

無理はせず、体調がいいときに、楽しみながら取り入れてくださいね☆






乳児期にできる運動

のの字マッサージ
おへそを中心に時計回り(大腸の流れと一緒)にやさしくマッサージしてあげましょう。

さする程度の力で大丈夫。ただし授乳後すぐは避けてくださいね!

体を洗うときや、保湿剤などをつけるときなど、おへそ付近は常にのの字にさする癖をつけると効果的です。


オムツ換え時には足の体操
オムツを替える時に、ただ交換するのではなく、屈伸運動のように曲げて伸ばしてを数回繰り返します。

ひざを曲げることで腹筋を使いますのでおなかも動きやすくなります。






幼児期にできる運動

おいもゴロゴロ
子どもと一緒においもゴロゴロ(手を万歳してコロコロ転がる)をすることで腹筋を使いますので、おなかも刺

激されます。遊びの一環で是非取り入れてみてください。

一緒にお遊戯も効果的。小さい子でも、楽しみながら体を動かせます。


また、幼稚園児、小学生でしたらフラフープは効果抜群です。

ママのダイエットと一緒に親子でフラフープも楽しく遊びながら便秘解消につながります。



こどもフープ 【プリヴェAG株式会社】【フラフープ スポーツ玩具】



それいけ!アンパンマン げんき100ばい! リトミックあそび [DVD]