×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 見ていても辛い!!赤ちゃんなのに頑固な便秘と戦う日々

我が家の便秘克服体験 息子の話(赤ちゃん時代)

我が家の次男君は生後3日目から浣腸の日々。

胎便こそちゃんと出たのですが、生後3日目から1日1回便が出ず、退院までは毎日浣腸でした。


退院後もいまひとつウンチが出ずに、おなかがパンパンに張っているので綿棒浣腸をしてあげると
おならとウンチがすっきり出る感じ。


生後1ヶ月健診ではその様子を聞いたDrから

「丸一日出なくていきんでいるときには使ってね。」とグリセリン浣腸を30回分も処方されました。

私が看護師だからなんとかなるけど・・・。こんなに小さいのにビックリです。

一応内蔵のつくりに問題があるわけじゃなさそうだから浣腸で対応してとのこと。

それからはおなかをのの字にマッサージしたり、オムツ交換のたびに足の屈伸運動をしたりと、おなかが動くよう

に頑張る日々。綿棒浣腸やグリセリン浣腸もちょこちょこしました。


3ヶ月で寝返りをしはじめるとおなかが動くようになり、排便はスムーズに。

ほっとしていたのですが、離乳食をはじめるとまた便秘気味に。

ヨーグルトにプルーンをかけたり、かんきつ類をあげてみたり、繊維の多いものを与えたり。

でも、赤ちゃんの食べる量って少ないから、劇的に変わるわけではないんですよね。

どうにもでないときには浣腸をしていましたが、なかなか頑固な便秘さんであることは間違いないようでした。

1歳で歩き始めるとおなかも良く動くようになり、比較的ウンチがスムーズに出るように。

しかし、1~2日出ないともうカチカチで、出すときには大泣き。

小児科でカマグ(酸化マグネシウム。腸内に水分を引き寄せ、便を軟化させます。その刺激で腸の運動が活発になり

便通がつきます。)が処方され、調節しながら飲ませていました。


いきみ始めると30分くらい真っ赤な顔をして涙目に頑張るようになっていきました。